発毛・育毛と生活習慣

発毛を促進する上で、
するべきでないことがいくつかあります。

それは、生活習慣病に関係があり、
これが発毛に大きく関係しているといわれています。

発毛育毛を促す方法を実行していく上で、
髪に良くないことはするべきではありません。

例えば、お酒の飲み過ぎは発毛育毛には
良くないと言われています。

これは、飲酒自体が髪に悪いということではなくて、
過度な飲酒によって
血液の循環が悪くなるということによるものです。

そして、飲み過ぎなどで、仮に肝臓を悪くすると、
髪を構成するタンパク質が
適正に作ることができなくなります。
こんなことから、お酒の飲みすぎには注意が必要です。

そして、健康な頭皮の維持に努めたいものです。

ところで、喫煙が髪にどのように影響するかは定説がありませんが、
タバコの吸い過ぎは、血管を収縮させるので
新しい髪を作る栄養が不足する恐れがあります。
こんなこから、タバコの吸いすぎも
発毛育毛には良くないと考えられます。

また、睡眠不足も発毛育毛には悪い影響を与えます。
髪は夜に成長すると考えられていますので睡眠は大切であると
考えられます。

そして、ストレスも発毛育毛に悪影響を与えると考えられます。
これは、ストレスによって血管が収縮することで、
発毛育毛に悪影響を与えたり
頭皮に栄養が届かなくなる可能性があるからです。
なので、ストレスをためないことが発毛のためには良いと考えられます。

ストレスをためず、よく寝て、
バランスの取れた食生活をすることが
健康のみならず発毛育毛にも
良いと考えられます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする